【バッチファイル】時分秒を取得する

バッチファイから
 ・時分秒を取得
できます!

コード

ここでは例として、時分秒を「hhmmss形式」で取得します。

@echo off

rem 時の1桁目の半角スペースを0に置換
set time2=%time: =0%

rem 時を取得
set hh=%time2:~0,2%
rem 分を取得
set mm=%time2:~3,2%
rem 秒を取得
set ss=%time2:~6,2%

echo 時分秒:%hh%%mm%%ss%

echo.
pause
exit

環境変数「time」により、時分秒を取得できます。
※環境変数「time」により、「time」コマンドと同じ結果を取得できます。
※環境変数「time」は、「動的な環境変数」の1つです。

が1桁(1時~9時)の場合、環境変数「time」の1桁目は半角スペースです。この半角スペースを0で置換して結果を変数「time2」に格納します(4行目)。
を0埋めします。

「%today:~0,2%」により、変数「time2」の0文字目から2文字を取得します(7行目)。
※「」を取得します。

「%today:~3,2%」により、変数「time2」の3文字目から2文字を取得します(9行目)。
※「」を取得します。

「%today:~6,2%」により、変数「time2」の6文字目から2文字を取得します(11行目)。
※「」を取得します。

実行結果

時分秒を取得できました。
※9:48:44に実行しました。

実行結果
実行結果

参考①

年月日の取得もできます。

詳細は以下の記事をご確認ください。

参考②

以下の詳細は、公式サイトをご確認ください。

「time」コマンド
※環境変数「time」の公式マニュアルは、見つかりませんでした。

タイトルとURLをコピーしました