【バッチファイル】フォルダをコピーする

バッチファイルで
 ・フォルダをコピー
できます!

ここでは
 ・コピーするフォルダの存在確認をして
 ・存在したらフォルダをコピー
する方法を記載します!
※コピー先に同名のフォルダが存在する場合は、上書きします。

コード

ここでは例として
 ・デスクトップ配下のフォルダ「aiueo」を
 ・フォルダ「folder_001」へコピー
します。

フォルダ「aiueo」
フォルダ「aiueo」
@echo off

rem コピーするフォルダが格納されているフォルダ
set srcFolderPath=C:\Users\user\Desktop
rem コピー先のフォルダ
set destFolderPath=C:\Users\user\Desktop\folder_001
rem コピーするフォルダ
set targetFolderName=aiueo

rem コピーするフォルダの存在有無を確認
if not exist "%srcFolderPath%\%targetFolderName%" (
    echo コピーするフォルダが存在しないため、コピーを中断します。
    echo.
    pause
    exit
)

rem コピー先フォルダの存在有無を確認
if not exist "%destFolderPath%" (
    echo コピー先フォルダが存在しないため、コピーを中断します。
    echo.
    pause
    exit
)

rem フォルダをコピー(既に存在する場合は上書き)
xcopy /i /e /y "%srcFolderPath%\%targetFolderName%" "%destFolderPath%\%targetFolderName%"
echo フォルダをコピーしました。
echo.

pause
exit

コピーするフォルダが格納されているフォルダを設定します(4行目)。
コピー先のフォルダを設定します(6行目)。
コピーするフォルダを設定します(8行目)。

コピーするフォルダの存在有無を確認します(11~16行目)。
※存在しない場合は、コピーを中断します。

コピー先フォルダの存在有無を確認します(19~24行目)。
※存在しない場合は、コピーを中断します。

「xcopy」コマンドにより、フォルダをコピーします(27行目)。
※コピー先に同名のフォルダが存在する場合は、上書きされます。
※コピー対象がフォルダとなるように、パラーメータ「/i」を記載します。
※コピー対象のフォルダが空フォルダでもコピーされるように、パラーメータ「/e」を記載します。
※上書き確認メッセージの表示より処理が止まってしまうのを防止するために、パラーメータ「/y」を記載します。

実行結果

フォルダをコピーできました。

実行結果①
実行結果①
実行結果②
実行結果②

参考①

ファイルのコピーもできます。

詳細は以下の記事をご確認ください。

参考②

フォルダの存在有無の確認について、詳細は以下の記事をご確認ください。

参考③

上記のコードで使用した以下の詳細は、公式サイトをご確認ください。

●「xcopy」コマンド

タイトルとURLをコピーしました